ホーム > 交通事故にあってしまったら

交通事故に遭ってしまった際には

STEP 1 お電話および、直接ご来院

来院の前には以下のことをご準備ください。

 ・お取扱いの保険会社のご連絡先とご担当者のお名前をご確認ください
 ・病院ですでに診察を受けた方は診断名をご確認ください

交通事故の後遺症の治療をご希望される方はお電話でご予約いただくか、直接ご来院ください。 

STEP 2 問診票の記入

笠原接骨院に来院して頂いた際には、先ず皆さんの症状について問診を行います。
その際にこのようなことをお聞きします。 

 ・事故に遭われた状況と日時 
 ・医師による診断の結果 
 ・ケガの症状
 ・患者さまがご契約中の保険会社の確認

また当院にて、保険会社への手続きを行うこともできます。

STEP 3 触診

その後、患部を触診し損傷部位の状態を確認します。腫れの様子や痛みの具合、患部は熱をもっているのか、機能障害があるかなど、何度か検査やテストを行い調べたうえで、笠原接骨院では患者さまにあった治療プランを一緒に話し合います。

STEP 4 治療の開始

その後、長期的にどのような治療を行なっていくのか治療の流れを決定します。

STEP 5 治療の終了

事故による症状が改善され、痛みが軽減することが出来れば、治療は完了です。それぞれの症状によって差はありますが、一般的なは3~6ヶ月程度で完治することが多いとされています。保険会社に治療が完了したことを報告し、その他にかかった費用も計算しても頂いた上で、明細の入った示談内容書を確認し、納得していただければサインをして頂き、治療は完了となります。

交通事故の症状

むち打ち症

むち打ち症とは通称であり、正式には「外傷性頚部症候群」、「頚部捻挫」といいます。
むち打ち症という名の由来は、追突事故の際に、首がむちのようにしなることから来ています。首に衝撃がかかることで、頸部が捻挫のような状態になるのです。 怪我の度合いも非常に軽いものから、大変重いく後遺症となるような症状と様々あるのです。

むち打ち症について

むち打ち症は交通事故による怪我だけを対象とする呼び名ではありません。首の正常な可動範囲を超えてしまうことで、首の関節の靭帯や筋肉が傷ついて、首や背中の痛みなどが現れます。同様の原因で発生した症状は、交通事故ではなくともむち打ち症と言うのです。

むち打ち症の原因

一般的にむち打ちと聞くと、車のように追突を伴う交通事故により起こると言う印象が強いものです。しかし、実は交通事故だけではなく、体操やスノーボードなどのスポーツに伴って起こることも珍しくはないのです。

むち打ち症の症状と分類

首の筋肉や靭帯などが損傷され、首、肩、背中の痛みや運動制限が起きる症状です。

神経根症状型

頚椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下するなどの症状です。

バレ・リュウ症候群型

後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労・・・などが起こる症状です。
※後から症状が出てくることもあるので、まずは診断を受けることをおすすめします。