ホーム > 当院で受けられる保険治療

捻挫

原因

捻挫とは、足首や手首の関節が開いた状態で強い力を掛かてしまったことを原因として発生します。そして、捻挫の大きな原因となる自分自身の体重なのです。

足首や手首というのは、ある程度の強さを持っているため普段の状態ならば自分の体重を支えることができるのです。しかし関節が開いた状態なってしまっていると支えられる自分の体重は低下してしますのです。

様々な理由で関節が開かれた状態の中で、自身の体重が負荷をかけてしまうと、限界以上に開かれた関節が靭帯を損傷し、捻挫をを引き起こしてしまうのです。

治療法

実はRICE処置もI(アイシング)以外は捻挫の回復を遅らせます。Rest(安静)は筋力の低下へと繋がり、Compression(圧迫)と Elevation(挙上)は極度の循環障害引き起こしてしまい、後遺症を招いてしまう可能性があるのです。

打撲

原因

打撲の別名をご存知でしょうか。打撲は「打ち身」とも呼ばれるように、強く身体を打ちつけることで発生する症状です。

打ち付けた箇所では皮膚の下に通っている毛細血管が皮下出血をおこ し、あざとなり痕を残します。このあざを「青あざ」と呼ぶことは多いのですが、打撲で出来るあざの色には実は差があるのです。

打撲は、スポーツ選手に多く見られますが、その中でも野球やサッカーのような球技やバスケットボールのほかにも、走り高跳びや棒高跳びなど、ジャンプ競技でも多く起きる怪我なのです。

治療法

打撲の処置としては、「RICE」がとても有効です。まずは安静にし、患部の痛みがひくまで損傷部位を冷やすのが重要です。その後、患部を15分ほどアイシングしましょう。なお、痛みがひかない場合やぶり返す場合は再度アイシングしていきます。

また、頭や胴体を打った場合は、直ちに安静にしましょう。
頭部打撲の場合は意識障害が起こる可能性は高く、意識の確認のために頻繁に呼びかけを行うようにしましょう。外傷を直後に意識障害が起きない場合でも、徐々に吐き気や手足の麻痺が起こる場合もあります。病院で精密検査はできるだけ速く受けてください。更に、腹部や胸部を打撲した場合には、肋骨や胸骨が骨折している可能性があります。注意をしてください。

骨折

原因

疲労骨折はスポーツ障害の中でも、最も起こる可能性の高い骨折です。

疲労骨折は長期に渡って骨に力が掛かっていき、骨を折ってしまう骨折です。その特徴としては、気付かないうちに 進行していることがとても多いと言えます。

しかしながら、スポーツの中に疲労骨折がものがあるわけではなく、日常的な練習を欠かすことができない、運動の全般が疲労骨折を起こしうる可能性を秘めていると言るのです。

治療法

骨折の場所や種類、その度合いによっても、行うべき治療方法というのは変わってきます。

まずは骨折の度合いや状態を見極めることが重要なのです。すぐにあなたの骨折の症状に応じた応急治療を行い、それから添え木やギプス、つり包帯なを使って患部を固定していきます。

ただ、成人が骨折した場合、けん引を行うのはあくまでもギプスでの固定の後です。成人にとってはけん引は手術までの一時的な処置なのです。反対に小児の場合は、骨がまだ成長過程にあります。できるだけ手術は避けたほうが良いため、けん引による治療が優先されるのが一般的です。

脱臼

原因

脱臼は、激しいスポーツに多く見られます。例えば相手の選手とぶつかり合柔道やアメフト、ラグビーなどです。中でも柔道は相手選手の関節を攻撃の起点とするため、脱臼する選手がとても多いスポーツと言えます。

その他にも野球やサッカーのような球技、テニスや水泳のように大きく関節を動かす動作を行うスポーツでは脱臼する選手は多いです。

このように脱臼は他者とぶつかり合う際に多く起こりうる怪我ですが、それだけでなく、自分の力によって発生することがあることを覚えておいてください。

治療法

「整復」という言葉をご存知でしょうか。脱臼した関節を元に戻すことを指します。脱臼の治療には柔道整復師や整形外科医に見てもらう必要があります。なぜなら、整復後の靱帯への処置がとても重要であり、それは専門的な技術と知識が必要となるからです。