ホーム > よくある質問

生活習慣

膝を曲げないで床の物を拾っていませんか?
膝を曲げずに腰だけ曲げて床の物を拾う姿勢をするだけで、椎間板に掛かる圧力は軽く50Kgを超えると言われています。
全く腰を曲げなくても、膝を折ってしゃがめば床まで手が届きます。
ここを変えるだけでも、腰痛が随分遠のきます。
ページのトップに戻る
椅子に腰掛けると直ぐに足を組んでいませんか?
椅子に腰掛けて直ぐに足を組みたくなる人は、骨盤が歪んでいるために左右の足の長さが違っている人が多いです。
そして、長くなっている方の足を上にして、足を組んでいることが殆どです。
骨盤の歪みにより腰痛が発生し、また腹筋も弱いために足を組んで腹圧を高めて姿勢を維持しようとしています。
ページのトップに戻る

治療内容

ムチ打ちの症状を、けん引と電気だけで治療していませんか?
ムチ打ちで不快を訴えている筋肉の一つに、脊柱起立筋があります。
骨盤から始まって、側頭骨乳様突起(耳の後ろの膨らんだ骨の部分)まで来ている、体の中で最も長い筋肉です。
首と腰がセットで痛くなる人が多い理由は、多くの場合この筋肉が影響しています。
ページのトップに戻る
痛い部分だけでなく、全体のバランスを診てもらっていますか?
体は左右対称でしょうか。
仕事で使うところはトコトン使い、使わない所は全く使わない。アンバランスな体の使い方をしていませんか。
使い方を少し変えるだけで、驚くほど楽になることもあります。
バランスを診てもらいアドバイスを受けることで、腰痛や肩こりなどの痛みも軽減します。
ページのトップに戻る

その他

交通事故に遭ったら
ムチ打ち症は、交通事故の中では発生率が高い症状の一つです。
気を付けなければならないのは、意外と症状が出るのが遅いことです。事故当初は大丈夫と思っても注意が必要です。
症状として頚部痛の他、上肢への放散痛やしびれ、頭痛やめまい、吐き気やだるさなどが挙げられます。
一人で考えないで、まずは当院へ連絡を下さい。
保険会社への対応、治療、病院紹介など丁寧に説明させていただきます。
自身の体を考える
特に首と腰については、「痛いから何とかしてくれ」のような他力本願では完治しません。
「痛くならないように何をするべきか」の自力本願を念頭に生活を心がけると、疼痛は自然と激減していきます。

また体を痛める患者さんの多くは、準備体操やストレッチをせず、急に力仕事をしたために発症することが多いようです。
例えば、真冬の朝早く車のエンジンを掛けて、いきなりレッドゾーンまで噴かすような体の使い方をしていませんか?